Interview

社員インタビュー

セールス / コンサルティング

加川 豪

ソリューション事業部 法人営業部門

お客様の課題の、その先にリーチするために
ソリューション

メインプロジェクト

学校向けサービス「ウェブでお知らせ/ウェブでスクールプラス」の営業担当として、学校担当者へのヒアリングおよびご提案をしています。

教育現場が抱える課題に、
ITの専門家の立場から解決策を出す。

仕事内容と醍醐味を教えてください。

学校向けサービス「ウェブでお知らせ/ウェブでスクールプラス」の営業担当として、学校担当者へのヒアリングおよびご提案をしています。現在所属しているソリューション事業部は、NTTレゾナントが持つIT技術やサービス、その開発に関するノウハウを生かし、世の中のさまざまな問題を解決していく部署です。私のいる法人営業部門はそのなかでも特に、企業や学会、教育機関などに働きかけ、お客様の抱える課題を抽出し、解決に向けていっしょに取り組んでいく部門です。

私が担当している「ウェブでお知らせ/ウェブでスクールプラス」は、学校利用者向けに展開しているサービスです。学校法人や教育委員会に赴き、教育現場が抱える課題やシステムに対する要望・不満をヒアリング。それに対してNTTレゾナントの技術を活用してできる解決策を提案するのが主な仕事です。

学校の先生方の中にはITに詳しくない方もいらっしゃるので、お話する際になるべく用語を噛み砕いたり、サービスを簡単で使いやすいものにしたりといった工夫を行っています。個々のお客様が持つニーズや本音を汲み取るのは難しいことですが、反対にこの仕事の醍醐味ともいえます。

写真:加川 豪

顧客とのコミュニケーションのなかから、
“レゾナントにしかできないこと”を模索していく。

この仕事ならではの面白さやむずかしさを教えてください。

前職では開発の経験もあったため、現職でお客様と打ち合わせをする際にその知識を活用することも少なくありません。開発工程を把握しているとよかったと思うことは多いですね。反対に、分析やマーケティング、競合他社研究などに関する知識は入社してから新たに身につけました。

お客様は幅広い選択肢のなかからNTTレゾナントのサービスをご検討いただくことになります。自社のサービスを提供する以上、「レゾナントにしかできないこと」を押し出していきたいという気持ちが強まりました。お客様と直接的に触れ合っていくなかで、こういった姿勢が身に付いていったのかもしれません。

幅広いお客様に利用していただくサービスに関わっていると、自分が担当するサービスが世の中にどんどん広がっていく楽しさを感じられます。また、お客様から直接声を受け取ってサービスの内容を改善できることも私にとっては大きな喜びです。自分の仕事が、社会にダイレクトにつながっていく瞬間を実感しますね。

写真:加川 豪

「学校といえばこのサービス」と
言ってもらえるものを世の中に広めたい。

これから実現したいことを教えてください。

学校ごとに最適なサービスを提供できるようになりたいと考えています。とはいえもちろん、簡単なことではありません。学校向けのサービスの場合、私がお話をさせていただくのは、サービスを導入して活用していく学校になります。しかし、そのサービスの利用者は学校の先生方だけではありません。生徒さんやその保護者の方々もいらっしゃいます。先生方が真に課題としているのは、「生徒さんや保護者の方々とのコミュニケーションをいかにスムーズかつ確実に行えるか」ということです。

私たちは、学校側の使い勝手だけではなく、生徒さんや保護者の方々の利便性も含めて改善を検討していかなければならないのです。とても難しいことですが、異なる立場から同じ問題を解決していくのは、非常に刺激的でもあります。こうした課題解決に向けた取り組みを通じて、「学校といえばこのサービス」といえるもの、つまりは「レゾナントにしかできないこと」を作り、提供していきたいと思っています。

※ 担当・業務内容は、取材当時のものです。

写真:加川 豪

募集職種・エントリー