Interview

社員インタビュー

エンジニア

相川 涼

パーソナルサービス事業部 Yアクセラレータ

エンジニアとしてサービスを“育てる”ということ
教えて!goo

メインプロジェクト

「教えて!goo」の開発を担当。検索エンジンの刷新に向けシステム基盤構築するなど、「教えて!goo」サービスの利用拡大に向け新たな施策を開発面で支援しています。

チームメンバー全員が、
異なる視点からサービスと向き合う。

現在のお仕事について教えてください。

現在は「教えてgoo!」チームに入り、エンジニアの立場から新規施策に取り組んでいます。施策については、企画から開発へと下りてくるイメージはなく、チーム全体で意見を出し合いながら進めることになります。

細かい仕様に関する改善点などは私たち開発の人間が率先して指摘していくことも多く、「自分はエンジニアだから」「自分はディレクターだから」といった線引きはせず、柔軟な姿勢でサービスを手がける姿勢が共有されていると思います。じっくりとサービス全体に関わるので、思い入れも強くなります。自分の作ったサービスが一般のユーザーに広く使われることに喜びを感じられるのは、やはりBtoC領域ならではだと思います。

一方で、ユーザーが限定されないことによって、こちらの予測外の事態が起こることも少なくありません。スモールスタートで実際に走らせながら改善を進めていくなかで、臨機応変に対処していく姿勢が必要になります。

写真:相川 涼

課題を「一緒に考え、クリアしていく」ための
土壌がある。

職場の環境を教えてください。

以前はSIerとして働いていて、実際の開発を担うのは社外の開発会社でした。私は主にプロジェクトの進行管理を担うことが多かったのですが、やはり開発業務にもっと関わりたい気持ちが高まり、当社への転職に至りました。

当社はプロダクトをほぼ内製しているので、企画から開発、リリースを経てマネタイズするまでの全てを手掛けていくことになります。一貫してプロダクトを手がけていると、その成長過程が見え、全体像を把握しやすいと思います。関係各所との連携も強いですし、ユーザーの動きに合わせたスピーディな改善も細かく行うことが可能です。難しい問題が生じたときにはチームや関係各所と解決策を検討したり、場合によっては他のサービスを手掛けるチームのエンジニアに知恵を借りたりすることも多いです。この風通しのよさ、開発への協力的な姿勢は、とても心強いなと思います。

こうしたチームワークを進めるうえでは、前職で培ったノウハウが生きている部分も少なくありません。Wikiを書いたり、ドキュメント化したりといった作業が染みついていたので、それはチームワーク中心の当社の開発環境と相性が良かったです。

写真:相川 涼

個々の技術力が、
より良い世の中をつくる原動力になる。

NTTレゾナントは自分にとって、どのような場所ですか。

レゾナントは本当に、やりたいと思ったことをすぐに実行できる会社です。いい意味で自由に開発させてもらえるので、開発者にとっては面白い環境が整っているのではないかと思います。もちろん予算などもありますが、フットワーク軽く「まずはやってみる」という精神が浸透しているのは、やはり内製で開発していることの強み、ないし余裕かもしれませんね。

将来的には、自分自身の技術を高めていきながら、このジャンルについてはあのエンジニアに聞け、と言われる存在になりたいです。自分の技術力を高めることがレゾナントの力となり、ひいては世の中全体をよりよくする原動力になれたらと思っています。

※ 担当・業務内容は、取材当時のものです。

写真:相川 涼

募集職種・エントリー