INTERVIEW 広告サービスの営業支援で、全国を駆け回る

富山 芙有 SALES / CONSULTING

メディア事業部 ソーシャルサービス部門 ローカルセールス担当

メインプロジェクト

アドテクノロジーを活用した地域広告サービスの企画運用と営業支援を担当しています。

新しいことに挑戦したいとき、
受け止めてくれる器や環境がある。

仕事の内容とやりがい、醍醐味を教えてください。

ユーザーにとって最適な地域広告を配信する「エリアマッチ」のアドテクノロジーを活用した地域広告サービスの企画運用と営業支援を担当しています。私は営業担当者への研修や提案資料作成、提案方法をサポートしています。前職は全く違う分野で、入社後も最初は事務作業をしていましたが、gooのサイト運用担当になりWebのことを学びました。その中で、一歩進んだことに挑戦したいと思い、今の担当になりました。やりたいと言ったときに、受け入れてくれて、挑戦できる環境があるからこそ、仕事の幅を広げることができたと思います。

今では営業研修の講師をするために、全国各地の営業所を回っています。一緒に戦略を考えて提案書を作成し営業も同行し、結果として案件獲得できたときは、やってきたことが形になり嬉しくやりがいを感じます。

働き方改革PJチームの一員として、
多様な働き方と魅力的な職場環境創りに取り組む。

レゾナントの働きやすさについて、どう思いますか?

実は、レゾナント社で取り組んでいる働き方改革を推進するプロジェクトチームのメンバーなんです。プロジェクトでは、在宅ワークやシェアオフィスなどさまざまな場所で働くことができる多様な働き方の実現や、社内環境を充実させることで働きやすさを実現することに取り組んでいます。

いろんな人にヒアリングをする中で、働く場所や時間の選択肢が増えることは、とても重要だと思います。一方で、選択肢を広げ多様な働き方を実現するとともに、それでも会社に来ることで得られるメリットや楽しさがある環境創りも大事だと思うので、力を入れて取り組んでいます。

風通しの良い環境で、新しいものを生み出したい。

これから実現してみたいことを教えてください。

私は、地域情報プラットフォームを活用したサービスを作るチームに所属していますが、地域の“店舗”に関するデータを活用した新しいサービスを創りたいです。例えば、グルメに関するサービスだったら、メニューだけでなく、予約ができたり、空席情報を確認できたり、気温が30度以上になったらビールのお得な情報が出てくるような。gooが提供している天気や路線、他にも旅行や住宅など、さまざまな地域のデータを総合して活用するようなサービスを考えています。まだまだ活かしきれていない膨大なデータがあるので、それを活用してサービスとして世の中に出していきたいです。

今までもさまざまなことを経験させてもらってきましたが、今後は新サービスを0から生み出すことに関わっていきたいです。それを経験して、将来、後進の育成ができる立場になることが目標です。

インタビュー一覧へ