INTERVIEW 開発者視点を強みに活躍する、エンジニア出身のプロデューサー

石山 由貴 PRODUCER / DIRECTOR

メディア事業部 ソーシャルサービス部門 ライフサービス担当

メインプロジェクト

賃貸や購入物件探しなど住宅に関わるサイト「goo住宅・不動産」のサービス企画と運営を担当しています。

エンジニアからプロデューサーへ。
両方の視点でより良いサービスを創る。

仕事の内容とやりがい、醍醐味を教えてください。

賃貸や購入物件探しなど住宅に関わるサイト「goo住宅・不動産」のサービス企画と運営を担当しています。日々の運用作業やサイトの改善、企画から仕様書の作成、開発後の確認とリリース作業が主な仕事です。前職はエンジニアで、SIerとして企画から開発リリースまで一貫取り組んでました。データ分析や企画をメインでやりたいと思い、転職しました。開発者との折衝や、仕様書の作成や開発後の確認などで、開発視点を活かせることが強みだと感じています。

不動産サービスは、年齢も立場もさまざまな不特定多数の相手がユーザーなので、ITリテラシーの高さなどさまざまな視点を考慮して仕掛けていく必要があり、そこが難しい点でもあり面白さでもあると思っています。どこを改善するとクリック率やコンバージョンが上がるかを仮説を持って実施し、想定していることが上手くいくとすぐに数字で現れるのが醍醐味です。

働き方改革でシェアオフィスを活用。
制度が使いやすい社風がある。

レゾナントの良いと思う文化や風土はどんなところですか?

コミュニケーションが取りやすく、フレンドリーで風通しの良い社風が良いなと感じています。入社を決めたのも、社風が決め手でした。業務内容以外のことも積極的に勉強できる機会があることも魅力です。「レゾナント大学」や「Tech Talk」など、業界動向やトレンド、最新のマーケティングなど多岐にわたる内容を学べる機会があり、定期的にいろんな仕掛けをここまで徹底して実施しているところは少ないと思います。企画を考える上でもいつも刺激をもらっています。

働き方改革の一つのシェアオフィスを、チームの企画ブレストで利用し、場所が変わることで新鮮なアイディアが出てとても有意義でした。制度はあっても使いにくい会社が多いと思いますが、レゾナントには新しいことをやってみようという風土があって、良いなと思います。

社内の高い技術力をサービスに活用できるよう、
自ら動いていく。

これから実現してみたいことを教えてください。

今までのインターネットは、自分で調べて情報を得るのが普通でしたが、これからはAIの進出で、ユーザーの求める情報が自動的に出てくるなど、情報の取り方も変わってきます。今までの常識にとらわれずに、時代の一歩先をいくようなサービスを創っていきたいです。ユーザーに対して受動的な動きではなく能動的な動きをするサービスにしていくことが目標です。企画段階で能動的なサービスとは何かを考えている段階なので、早くサービスとして世の中に出していきたいです。そのためにも、エンジニアとしての経験を活かしながら、企画担当としての思考や経験をもっと磨き、サービス企画の仕事を極めていきます。

また、レゾナントは検索エンジンやAI関連技術などさまざまな高い技術力や知見を持っていますが、まだまだサービスに活かしきれていないと思います。時代の一歩先をいくサービスを創っていくためにも、自分から情報を取りに行って、率先して活用していきたいです。

インタビュー一覧へ