INTERVIEW アジャイル開発で、UX向上を徹底的に追求する

呉 宗翰 ENGINEER

スマートナビゲーション事業部
サービスデザイン部門 アジャイルデザイン担当

メインプロジェクト

アジャイル開発チームで、ユーザー調査、アプリ企画やデザイン制作を担当しています。

アジャイル開発を徹底的に取り組む環境に!
成長できると思い転職を決めた。

仕事内容、やりがいや醍醐味を教えてください

アジャイル開発チームで、アプリのデザインを担当しています。企画を元にプロトタイプを作ってユーザー調査を実施し、何度も修正してから、エンジニアにバトンタッチする流れです。昨年10月に入社し、すでに10本以上のアプリを開発リリースしています。

アジャイルとは、一年かけて開発するのではなく、短期間で開発しリリース後に改修することで少ないリスクで新しいものを生み出し続けられるという手法です。チームでは、二週間を一単位として、やりたいことを挙げ優先順位をつけ集中して取り組み、日々の振り返りや一単位が終わったあとの全体の振り返りを習慣化し、スピーディーに開発と改善を繰り返すやり方を徹底しています。その中で、さまざまなアプリ開発に企画からリリースまで携われること、毎回ユーザー調査を実施してユーザーの声を反映できることは、とてもやりがいを感じます。

エンジニアゼミや資格取得制度など、
社員の成長をサポートしてくれる環境がある。

他社と比較してレゾナントの印象はいかがでしたか?

社内のコミュニケーションがとても良いと思います。アジャイル開発は特にコミュニケーションを求められますが、中途入社でもすぐに溶け込めました。社内の勉強会も頻繁に開いていて、入社後すぐに有志で集まっているエンジニアゼミに入り、UXのユーザー調査を一緒に研究しています。チームを超えて社内のさまざまな人と一緒に勉強でき、共に成長しようという環境があるのが嬉しいです。前職ではほぼデザインの制作だけをやっていたので、これ以上自己成長が見えないと思い、アジャイル開発を徹底的にやっていて、UXにも力を入れているところに惹かれて入社を決めました。上司と一緒に社外の勉強会に参加できることや、Web解析士など資格受験のサポートもあり、社員の成長を会社としてサポートしてくれるなど、成長したいと思っていた自分に最適な環境がありました。

UXのスキルと経験を磨き、
ユーザーの声を反映し、寄り添ったサービスを出し続ける。

これから実現してみたいことを教えてください。

入社して以来、ユーザー調査やユーザーインタビューなどを通じてユーザビリティを高めることに取り組み、経験を積んできました。また、エンジニアゼミを含めてUX分野を徹底的に勉強しています。人間中心設計の資格も取得したので、これまでの経験や学んだことを実務でアウトプットし、ヒットするアプリを出していきたいです。そのために、ユーザー調査はもちろん、企画やデザイン制作に関わることで、自分のスキルや経験をさらに磨いていきます。さらには、アジャイル開発チームの一員として、社内やグループ会社の中でアジャイル開発を浸透させ、イノベーションをさらに加速する流れを一緒に創っていきたいです。

インタビュー一覧へ