INTERVIEW インフラエンジニアとしてシステム基盤から会社の未来を創る醍醐味

山下 裕 ENGINEER

ビジネスプラットフォーム事業部
インフラ担当

メインプロジェクト

システム基盤運用
インフラエンジニアとして、「goo」や法人向けメディアソリューションなどを稼動させるシステム基盤について要件の取りまとめ、設計、構築、運用を担当しています。

全サービスの基盤を扱うインフラエンジニアとして
システム基盤からNTTレゾナントを改革していく

仕事の内容を教えてください

インフラエンジニアとしてgooサービスや、クライアントサービスなどの共通のシステム基盤として、データセンター、回線の選定から、サーバやネットワーク環境の要件定義、構築から運用まで担当しています。社内システムのインフラの管理も実施しています。

入社して驚いたことは、想像以上に少数精鋭だったことと、外資と違いボトムアップで物事が決まっていくことです。新しいサービスを作るときに、こういう基盤があった方が良いという思いを現場の社員が考え、マネージャー含めて上層部に話をして承諾を得て進めていきます。2016年に取り組んできたNTTレゾナント運営サービスのもそうでした。100以上あるgooを含めたNTTレゾナント運営の全てのサービスを移行する大規模なもので、各サービスにヒアリングする中で、次の基盤の設計を考え、予算やビジョンを考慮した上で、トレンドを見極めながら技術を選定し、方針を決めて進めていきました。

全サービスのシステム基盤を扱うので、サービスプロデューサーの考えはもちろん会社のビジョンなど幅広く色んなことを考慮していく必要があります。常に継続的な品質向上取り組みがありますし、ニーズも先読みする必要があるため、様々な立場の人の考えを聞くことができ、幹部含めて意見を直接伝えることもできます。例えば任される裁量が大きく自分が考えたアーキテクチャを実現できるなど、エンジニア魂をくすぐられる環境です。また、gooだけではなくNTTグループの大規模ウェブサービスの構築と運営を担っているので、エンジニアとしても幅広く活躍できる環境が揃っています。

「goo」はもっと面白くできる。
技術と知見をフル活用して
システム基盤からサービス創りに関わる醍醐味

仕事のやりがい、醍醐味を教えてください

NTTレゾナントは縦割りではなく、技術面はもちろん会社のビジョンを含めて立場関係なく率直に意見が言える環境です。どうしていくのが良いか、一緒に良くしていこうという風土があり、組織の壁なく技術的知見を共有しあいますし、自分のやりたいことを熱意を持ってロジカルに説明することで納得してもらえれば、いくらでもチャレンジできることが醍醐味です。

長い歴史と多くのサービスを抱える「goo」は、時代の変化と共に機能面はもちろん、開発環境の整理・統合などシステム面からも常に改良を行っていますが、まだまだ改善すべき課題も多々あると感じています。もっと改良できるサービスもあるし、「goo」だからこその新しいサービスも生み出せると思います。私はITがすごく好きで、ユーザーや開発者にどう使ってもらうか、自分なりの知見をフル活用して提供することが好きです。良い技術を良いサービスとして活用できると、使う側はもちろんサービスを作る側も楽しくなると思います。改善すべき課題があるからこそやりがいも大きい。チームメンバーを始め色んな人と、日々ざっくばらんにコミュニケーションを入社当初からすぐにとれています。また、私の元々の仕事に対する思いとしては、仕事の中身以上に一緒に働く人が、やりがいや楽しさに結びつくと思っています。情熱を傾けて、一緒に取り組んでいける仲間がいることが楽しいです。

ユーザーも創り手も、より楽しくなる環境を
システム基盤から創る。

これから実現してみたいことは何ですか?

NTTレゾナントという会社の存在感を高めることです。技術コミュニティの中でも、俺たちこんなことをやっていると誇れるような集団でありたいです。新しいシステム基盤を常日頃考える必要があり、より使いやすい、創り手側も新しいサービスを生みやすい、そんな環境をシステム基盤から創っていきたいです。全員が楽しくなるという野望を抱えつつ、どんな課題でも乗り越えていく勢いがあるチームメンバーとともに、システム基盤からNTTレゾナントを改革していきます。

※担当・業務内容は、取材当時の内容となります。

インタビュー一覧へ