企業情報

社員が語る10の事業


gooのキラーコンテンツであり続ける地図や路線。
位置情報と技術を組み合わせることで、ユーザーの行動を支援する新しいサービスを創り出します。

広く根づいた地図や路線サービスをさらに発展させるために


スマート
ナビゲーション事業部
サービスデザイン部門
担当課長 青木 誠

スマート
ナビゲーション事業部
サービスデザイン部門
担当課長 前西 勉

私たちが担当しているのはgooの中でも、地図や位置情報に関するサービス、goo地図、goo路線などです。goo地図や位置情報に関するサービスは、gooの中でも古くから提供しているサービスで、多くの皆様にご利用いただいています。特に、NTTグループの技術を活用してスクロール地図を早い段階から公開、また時間軸で眺めることができる古地図を提供するなど、先進的な取り組みとお客様の利便性向上を積極的に進めてきた分野です。位置情報は、単なる緯度経度の情報だけでなく、その場所にある建築物や店舗の情報など多岐にわたり、他の情報や技術を組み合わせることで活用方法が広がります。

地域に密着した情報なら、広告さえコンテンツとなる

地図サービスと合わせて提供しているのが、エリアマッチという位置情報を使った広告サービスです。エリアマッチの特徴は、その名の通り地域や位置情報に連動し、ユーザーにマッチした広告を提供するサービスです。私たちの持つエリアに関する情報を徹底的に強くすることにより、単なる広告ではなく、コンテンツとして十分に価値のある情報を提供したいと考えています。例えば、goo旅行であれば、宿泊施設の詳細な情報のほか、宿泊プランや料金、空室情報、gooグルメであれば、営業時間やクーポン、食事プランなどのさまざまな情報を提供しています。これらの情報とエリアマッチ、そして地図や路線などを組み合わせ、ユーザーにとって必要な地域や位置に関するサービスとして提供しています。

位置情報と技術の可能性をさらに広げる試み

位置情報とそれに関わる技術を使ったサービスは、さらに発展の可能性に満ちていると考えています。2014年10月から、福岡市とその周辺観光地でWi-Fiを活用した訪日外国人向け観光サービスによる地域活性化トライアルなどさまざまな実証実験に参加しています。充実した施設情報に、ユーザーの行動履歴やサイトの閲覧履歴、現在地の情報などを組み合わせることで、よりユーザーニーズにマッチした情報を提供し、リアルへ誘導する・・・私たちはユーザーのリアルな行動を支援するサービスをさらに発展させていきたいと考えています。