INTERVIEW 徹底的に向き合い、強みを融合できるチーム作りを目指す

工藤 悠太 PRODUCER / DIRECTOR

メディア事業部 
「教えて!goo」担当

メインプロジェクト

教えて!goo
2000年からスタートした日本最大級の無料Q&Aコミュニティサイト「教えて!goo」の「ITライフch」の企画・運営などのプロデューサー兼営業としてチームをまとめています。

「教えて!goo」でスマホ、
MVNO・SIM関連の情報発信をディレクションする

仕事の内容を教えてください

「教えて!goo」の「ITライフch」のプロデューサーを担当しています。

「教えて!goo」のチームメンバーは総勢40名いて、開発、企画、デザイン、サイト監視などそれぞれ専門分野をもち、ひたむきに頑張るスタッフがたくさんいます。その中でスマホや格安SIM関連を中心としたコンテンツ制作チームを担当しています。

スキルや個性の異なるスタッフをまとめていくことは簡単ではないですが、得意不得意含めてその人の個性が分かるまで、徹底的に向き合い、よく理解することを意識しています。それぞれの得意を活かし不得意を上手くカバーして回していくことで、チーム内にある一人ひとりの強みを繋げて融合していくことがディレクションする上で心がけていることです。

異業種からの転職。
自分の引き出しが増える仕事環境にいられる喜び

仕事のやりがい、醍醐味を教えてください

スマホに特化したQ&Aや情報を発信する「gooスマホ部」や、MVNO・SIM専門メディア「SIM通」など、市場のニーズに合わせすばやく新しいサービスの運営をしてきました。最近ではさらなる市場の変化を見据えて、最先端IT情報発信メ ディア 「ITライフch」をスタートさせたばかりです。とても大変でしたが周りのサポートがある上で、会社の責任を受けてフロントに立って携われたことは、とても良い経験をさせてもらえたと思っています。

また、社内外問わず、個性豊かな面白い方々と出会い、一緒に仕事ができることはこの仕事の醍醐味です。

自社メディアをもつレゾナントはオールマイティーにさまざまな仕事に挑戦できるだろうと思い、26歳のとき異業種から転職してきました。今は希望通り、オープンでスピード感のある仕事ができ、いろんなチャンスが広がっているので、自分の引き出しの増える会社だと感じています。

他サイトにないNo.1カテゴリを創り、
「教えて!goo」をさらに発展させていく

これから実現してみたいことは何ですか?

プロフェッショナルなメンバーが揃う「教えて!goo」サービスを、より発展させるために自分は何ができるかを考え日々取り組んでいきます。

特に情報通信などデジタル関連の情報発信を、「教えて!goo」の中でどのように活かしていくかなどを考え、どう貢献していけるかを挑戦していきます。他サイトにないNo.1カテゴリを創ることで、より強いサービス、収益力のあるサービスにしていきたいと思っています。

※担当・業務内容は、取材当時の内容となります。

インタビュー一覧へ