INTERVIEW 入社2年目で「gooのスマホ」搭載アプリを開発 メインプロジェクトメンバーとしてのやりがい

苑田 翔吾 ENGINEER

メディア事業部
ポータル開発担当

メインプロジェクト

gooのスマホ
「gooのスマホ」のエンジニアとして、ニュースアプリ「goo milk feeder」などのプリインストールアプリ開発を担当しています。

学生時代のアプリ開発経験を活かし、ユーザー視点でアプリを開発

仕事の内容を教えてください

新事業としてスタートしたSIMフリースマホ「gooのスマホ」の開発プロジェクトチームのエンジニアとして主にアプリ開発を担当しました。学生時代にアプリを開発・リリースしていた経験を活かし「gooのスマホ」にプリインストールされた、「goo milk feeder」を皮切りに、「goo milk scanner」「goo milk cleaner」などアプリを開発しました。開発にあたっては自分の名前ではなく「goo」のサービスとして出すことのプレッシャーはありましたが、先輩たちの提案やアドバイスのおかげでやりきることができました。

メインターゲット層にインタビュー調査を行うなど企画から携わり、利用シーンをよりイメージしたユーザー視点で開発することを心がけました。

ユーザーの反応を基にブラッシュアップできることが、
エンジニアとしての醍醐味

仕事のやりがい、醍醐味を教えてください

サービスを世に出したときに、ユーザーの反応を見ることができることです。良いことだけでなくクレームもいただくことがありますが、真摯に受け止めて、解決・改善したものに対して「良かったよ」など、また反応をもらえ、出して終わりではなくユーザーの声を反映してどんどん良いものに作り上げていくことができるのが、Webの世界ならではで、エンジニアとして醍醐味を感じます。

また、若手エンジニアでもスケール感をもってチャレンジでき、貢献できていると感じられることはやりがいにつながります。

海外研修で感じた最先端の技術やトレンドを取り入れていく

これから実現してみたいことは何ですか?

昨年、社内のカンファレンス派遣制度を使い海外研修に参加しました。シリコンバレーの独特な雰囲気の中ハッカソンに参加して自分たちの技術を試したり、スタートアップが集結したイベントを見学して専門外の技術をキャッチアップするなどサービスの流れを肌で感じることができたので、最先端の現場で感じた新しい技術やトレンドを、開発や企画にどんどん取り入れていきたいです。

※担当・業務内容は、取材当時の内容となります。

インタビュー一覧へ