INTERVIEW 自社サービス運営の実績と経験を元に、クライアント以上に業界を熟知する法人営業チームを創り続ける

加納 勝 ENGINEER

ビジネスプラットフォーム事業部
メディアソリューション担当 担当課長

メインプロジェクト

法人営業
ポータルサイト「goo」の開発・運営ノウハウにより、お客様の多様なWebサイト構築ニーズにお応えします。

クライアントの業界知識を理解しながら、
医学系学会向けITソリューションを担当

仕事の内容を教えてください

法人営業部門のプロジェクトマネージャーをやっています。現在は、医学系学会向けITソリューションを主に担当し、医療に係わる各種資格申請や認定のシステム等を開発運用しています。以前はエンジニアとして自分自身がプログラムを書いたりサーバーをセッティングしたりしていましたが、今はエンジニア集団をまとめ、クライアントの要望に沿ったシステムの提案、その構築を進行管理することが主な役割です。クライアントが何を目的としているかを、いかに吸い上げるかが重要です。エンジニア時代は外出することもなくスーツももっていないくらいでしたのでクライアントとうまくコミュニケーションがとれるか不安でしたが、エンジニアでの経験や知識を土台に、クライアントの業界知識を理解することでスムーズなコミュニケーション能力が身につけられました。

「goo」での知見と経験を基に、
クライアントを通して社会に貢献できる醍醐味

仕事のやりがい、醍醐味を教えてください

自分で提案したことが形となって世に出て行き、社会に貢献していると実感できることが醍醐味です。お任せしていただく仕事すべてについて、「それをすることの意義」を明確にし、クライアントにも理解頂いた上で進めます。

チームみんなの頑張りが評判につながり、クライアント側にて大きな予算をさいてでもそれ以上に価値を感じて頂けるのは、クライアント以上に業界に精通することを心がけていることと、自社サービス「goo」を運営している知見と経験があるからこそだと自負しています。

経験と実績を基に信頼して頂ける提案ができる法人営業チームとして、他社のソリューションと差別化できるよう意識しています。

クライアントの業界の今後を見据え、意図を理解し、
提案を行うITソリューションを提供していく

これから実現してみたいことは何ですか?

クライアントの業界の今後を見据えながら効果的なITソリューションサービスを提供していくことです。例えば申請書や提出物を電子化するなど、医師や学会が本来の業務に専念できるように、私たちがやるべきことはまだまだたくさんあると思っています。

また、技術はどんどん進化しており、それに伴う環境変化は大きく、利用できる技術、ツールは変化していきます。しかし、“自分で考えてこうあるべきだと仮設を立てる”、“知識・スキルがなければ身に付ける”、“何をすべきか自分で考える”など、エンジニア時代から、仕事に対する考え方の根底は変わっていません。クライアントの意図、その業界の方向性をきちんと理解すると、クライアントでも気が付いていない、より良い方法を提案できる場合もあります。言われたことをそのままやるのではなく、意図をくみ取り提案していくこともエンジニアの仕事であり、そのような経験を、若手エンジニアにも伝え続けていきたいです。

※担当・業務内容は、取材当時の内容となります。

インタビュー一覧へ