INTERVIEW 変化が激しい業界の中、先頭に立ち挑戦できる醍醐味

柴田 圭亮 SALES / CONSULTING

メディア事業部
クライアント営業担当 担当課長

メインプロジェクト

広告営業
「goo」の検索ログや「教えて!goo」に蓄積されたデータを基に、それを解析する高度なアドテクノロジーを活用した、インターネット広告配信を展開しています 。

「goo」の検索や「教えて!goo」などのデータを活用した、
会社として初めての広告商品の企画販売

仕事の内容を教えてください

約10年間、広告営業部でポータルサイト「goo」の広告販売を担当してきました。現在はチームリーダーとして、広告代理店営業担当のマネジメントなどを行っています。担当になったばかりの2006年当時はバナー広告販売が主力でしたが、現在はgooで保有している「検索」や「教えて!goo」などのデータを基に、アドテクノロジーを活用した広告商品の企画販売に大きく舵を切りました。
アドテクノロジーを活用した広告商品は会社として初めての試みで私を含め社内に誰一人経験者はおらず、何が正解なのかがわかっていませんでした。理論だけで議論していても始まらないので、クライアント先となる広告代理店を周り、実際に提案をして問題点を聞きカイゼンしていくことから始めました。私自身も足を使って駆け回り、自ら先頭に立って場数を踏んだ結果のありのままをチームに共有することで、少しずつ提案やチームとしての“質”が高まり、クライアントに響く精度の高い提案ができるようになりました。

企画から商品化、提案から改善まで一括して担当できる

仕事のやりがい、醍醐味を教えてください

自分で企画を考えて商品化し、クライアントに提案・受注、掲載後の結果を基に商品改善まで一括して担当できることはこの仕事の醍醐味です。

営業の仕事は、所属する会社の規模や商品に関わらず、努力次第でお客様にとって一番の存在になることができると思っています。きめ細かい気づかいや対応が早いこと、お客様が苦しいときに味方になれること、など「お客様の立場に立つこと」をレゾナントの広告営業は常に大切にしています。ネットの世界でも最終的には人と人との関わりが一番大事になり、そこに営業の面白さを感じています。

「goo」にしかないデータを活用し、広告にとどまらない提案を

これから実現してみたいことは何ですか?

変化が激しいネット業界ではチーム戦略もマネジメントも短期間で変えていくことが求められ、リードしていく立場としても一営業担当としても、非常に力がつく環境にいると思います。
「goo」を運営するレゾナントにしかない価値のあるデータを活用することで、広告だけにとどまらず、デジタルマーケティング領域などクライアントの役に立てることを企画し提案していきたいです。

※担当・業務内容は、取材当時の内容となります。

インタビュー一覧へ