INTERVIEW 受け継いできた技術や経験を、共有し伝承できる環境を創る

北村 良明 ENGINEER

メディア事業部
検索担当

メインプロジェクト

gooのスマホ
「スマートフォン端末+通信用SIM+アプリ+アフターサポート」の“四位一体型ポータルサービス”としてgooブランドを冠にしたスマートフォン「gooのスマホ」に搭載するアプリの開発・運用に従事しています。

自ら希望してエンジニアに。「gooのスマホ」のアプリ開発を率いる

仕事の内容を教えてください

「gooのスマホ」に搭載するアプリ全体を開発運用するプロジェクトチームのマネジメントや、外部パートナー企業のハンドリングなどを主に行いながら、自分でもプログラムを書いています。社会人になってすぐに営業系の担当に配属されましたが、将来は自分でIT系のサービスを作っていきたいと考えていたので、エンジニア業務に就きました。

また、社内のエンジニア勉強会の運営に関わるなど勉強・交流できる機会を積極的に作っています。勉強会を開催する目的は、自分自身が最先端の技術をもっと勉強したいという自己研鑚的な側面と、後輩や新人エンジニアへ技術や経験の伝承をするためです。

そのために一人ひとりが勉強することはもちろん大事ですが、社内の人的ネットワークを作るためにもみんなでワークショップや勉強会をする必要性を感じています。

開発からデザインまで、全ての仕事が自分の将来に繋がっている実感

仕事のやりがい、醍醐味を教えてください

最終的にC向けのプロダクトオーナーになりたいという目的があるので、全ての仕事が将来に繋がっていると感じています。特に自分で一から製品を創りたいと思っているので、設計やデザイン、運用テストなどいろんな要素の経験が全部必要だと考えています。エンジニアは開発だけするという環境ではないので、デザインも自分で考えたり、仮設を立てて検証したり、全ての作業に携われることはやりがいを感じます。

最先端のテクノロジーを追いかけ、技術を後輩に伝承していく

これから実現してみたいことは何ですか?

最新の技術、世の中で一番旬なテクノロジーを組み込めるのはウェブサービスならではだと思っています。いろんな新しいことにチャレンジできる環境の中、最先端のテクノロジーを追いかけること、後輩に技術を上手く伝承することを続けていきたいです。

また、社内新事業創造プログラム「R-CEP」を使って趣味の筋トレをベースにしたフィットネスに関するサービスを、先輩エンジニアと立ち上げようとしています。使う人が楽しく健康になることを支援するサービスで、今までのプロダクト開発で得られた知見を全て使って大きなサービスに成長させていきたいです。

※担当・業務内容は、取材当時の内容となります。

インタビュー一覧へ