驚

Love

最先端の技術を元にUX基点から生み出すサービスで驚きや心躍る体験を提供する

岩田裕平

プロフィール

岩田裕平

スマートナビゲーション事業部/サービスイノベーション部門/メディア処理技術開発 - 地域情報基盤担当
<プロデューサー> 2013年NTTコミュニケーションズ入社。2013年8月NTTレゾナント スマートナビゲーション事業部へ配属。

メディアソリューション(Web、アプリ)

メインプロジェクト

研究開発

NTT研究所を始めとするNTTグループ会社と協同で研究開発・サービス創造を行い、NTTグループの知見を活かしたイノベーションを起こしていきます。

素粒子物理学の研究から情報技術畑へ。
エンジニアリング・デザインもできるプロデューサーとして、地域情報技術の研究開発を行う。

Q.現在までのメインプロジェクトについて教えてください。

サービスイノベーション部門で地域に応じたソーシャル情報や地図等の地域情報に関わる担当として、研究開発から新サービス創造までを行っています。サービスイノベーション部門では、NTT研究所を始めとしたNTTグループと協同で新技術の研究開発を行い、その技術を用いたサービスを世の中に出していくことをミッションとしています。2013年にレゾナントに配属されて以来、一貫して地図や地域情報に関する新技術開発を担当してきました。

プロデューサーという肩書きですが、技術開発やサービス企画・開発の中ではエンジニアリング、特にフロントエンドのコーディングやユーザー体験(UX:User Experience)のデザインにも力を入れています。元々大学では、素粒子物理学の理論的・現象論的な研究をしており、数値計算程度しか行っていなかったため、いわゆる情報技術畑出身ではありません。かつエンジニア職の採用でもなかったため、最初は専門用語を覚えるところからのスタートで、サーバ等の基礎的な概念は一から勉強しました。そのときが一番大変でした。学生時代からユーザーとのインターフェースは好きで、簡単なスマホアプリを創る等、ユーザーに触れてもらえるモノを生み出すことは好きだったので、それをモチベーションに終業後や休日を活用して勉強会やハッカソンに参加したり、周りにいる精鋭揃いの先輩方に教えを請うたりしながら、技術力・デザイン力を磨いています。

「goo」などC向けサービスを提供してきた経験とNTTグループの研究技術を活かして、新規サービスを生み出せる環境にいることが一番の醍醐味

Q.仕事のやりがい、醍醐味はどんなことですか?

NTTグループとして力を入れている分野の技術開発に携われていることです。「goo」などC向けサービスを提供してきたレゾナントの持つ経験と、NTTグループ各社の持つ技術力や強みを元に新技術・新規サービスを創り出し、それを活用してgooユーザーに届けることができる環境にいることが一番の醍醐味です。入社前から新規サービスを創ってグロースさせることが目標であり、今は新規サービスを検討している段階にいるためまだまだ道半ばですが、やりたかったことを実現できる環境にいると思っています。
入社から2年間、国内でも有数の体制で地域情報関連技術の開発を続けられていると思いますし、実証実験やオープンなカンファレンスなどで対外的に成果発表をする時など、成果が人の目に触れられる瞬間に、やっていて良かったとやりがいを感じます。

「モノ」から「コト」へ
ユーザーの声から生まれるサービス・技術を創っていきたい

Q.これから実現したいことはどんなことですか?

ユーザー中心デザインの価値観を研究開発分野にも浸透させて、ユーザー基点から生まれるサービスをもっと創っていきたいです。技術主導の「モノ」から入るサービスではなく、一部のフォーカスしたユーザーに対する深いヒアリングやインタビューからインサイトを得てプロトタイプを創ってテストし、また足りない技術があればそこに必要な技術を並行で開発するといった「コト」を生み出す流れを創り、世の中に驚きや心が躍る新しい体験を提供できるようになりたいです。
また、現在開発中の地域情報技術群を活用したサービスを地域創生や訪日外国人のおもてなしなどへ提供し、さらにNTTグループの持つ技術力や様々な知見を世の中の課題解決に活かしていけるよう、持続的にグループ内イノベーションを起こしていきたいです。
そして今後はよりオープンに、例えば他社技術とも連携してオープンイノベーションへ繫げていきたいと思います。

一問一答

Q.休日の過ごし方、趣味や最近はまっているものは何ですか?
A.ライブによく行きます。また、新しいサービスを創ったり、音楽をリミックスしたりと、新しい何かを生み出してソーシャルメディア等で外に発信していくことが好きです。最近は基板やセンサ等を買い込み、電子工作することも多いです。
Q.会社のここが自慢!を教えてください
A.NTTグループとしての研究開発に携われることに加えて、グループを代表するインターネット企業ということもあり、ユーザー接点を大切にしている人が多く、サービスデザインの思考、サービスを創って世の中に出していくという意識をもった人が多い、そういう会社風土があるところです。
Q.レゾナントのサービスでイチオシを教えてください。
A.「gooラボ」です。開発者向けにAPIを公開しています。NTTの技術の一部を無償公開している唯一の場所ですので、ぜひサービス開発に活用して欲しいです。
Q.仕事をする上で「これだけは絶対負けない!」ところを教えてください。
A.社内だけに留まらず社外の小さなセミナーに登壇したり、技術系・デザイン系のワークショップに参加したりするなどいろいろな活動に参画しているので、社内に対して客観的な視点をもっていられるところです。

センサをよく買ってます。最近一番のお気に入りはニオイセンサで、Webと連動させてよく遊んでます。

Q.勉強中のこと、これから身につけていきたいことは何ですか?
A.デザインエンジニアリングという分野です。現在定期的にデザインプロジェクトを行っているのに加え、最近海外で行われているInnovation Design Engineering (IDE)のレクチャーを体験し、デザイン思考も様々なやり方があると知ったので、サービスデザインをする上でももっと勉強して突き詰めていきたいです。